FXとどう違う?

バイナリーオプションとFXはどう違うの?

2001年~2007年、世界的に景気がよく金利も上がってました。
外国通貨が強い値動きをみせ上昇トレンドにありました。2001年のちょっと前より、インターネットでザラ場が個人でも見れるインフラが整いはじめ、それも手伝ってFXが流行出した時期でもありました。
バイナリーオプションの取引が日本で知られるようになったのは、2009年からです。

2013年の現在は、円が上がっても株価が素直に上がらない相場が続いています。株もFXも上値が重く、底堅いといった、方向感がない揉み合いの相場です。では、FXとバイナリーオプションとではどう違うのか?FXの方からみていきましょう。FXとは、外国の通貨を売買して利益を出します。

為替レートで損益を出す。

【例】

  • 『1ドル=110円』のとき、100万円で1万ドル買う

円安になって『1ドル=120円』になったら、1万ドルは110万円に交換できますので、10万円の利益を出すことができます。

  • しかし、この取引で逆に円高になって『1ドル=100円』になった時は?

そうです10万円の損失が出ます。

為替レートの差額で損益が出るのがFX取引です。

金利差で損益を出す取引もあります。

スワップ投資と呼ばれています。スワップ投資とは、日本の金利が0.1%でイギリスの金利が3.5%のときに、イギリスのポンドを買っておきます。
金利差は『3.5%-0.1%=3.4%』となりますので、この場合イギリスのポンドを保有中は3.4%の金利が利益ということになります。この金利差のことを『スワップポイント』と言います。 日本の銀行にお金を預けていても、3.4%も金利が付くことはありませんので、FXが人気があるのもわかりますね。

FXの取引時間は24時間、どこかの国でどこかの通貨の取引が盛んにおこなわれています。

株式取引のザラ場は9:00~15:00ですので、これ人気のひとつでしょう。日中忙しい、会社勤の方や主婦の方も、夜の時間に取引することができるのも魅力のひとつです。FX市場は『眠らない市場』と呼ばれています。

  • 5時 -ウェリントン市場(ニュージーランド)
  • 7時 -シドニー市場(オーストラリア)
  • 8時 -東京市場(日本)
  • 9時  -香港市場
  • 16時 -ロンドン市場(イギリス)
  • 21時 -ニューヨーク市場(アメリカ)

なんと言ってもFXの最大の魅力は、レバレッジが最大で25倍とうことでしょう。

証券会社に100万円預けておけば、2,500万円分の取引ができます。 小さな資金で大きな利益が狙えます。

しかし、おわかりと思いますが、損失も25倍ですから、ハイリスク・ハイリターンの取引となります。
十分に注意が必要ですので、レバレッジを大きく掛けすぎないようにトレードする必要があります。
証券会社に預けたお金以上の損失がでる可能性があることをお忘れなく!

バイナリーオプションの商品は、FX通貨ペア以外にも、金・株式・株価指数等…

バイナリーオプションは、一定時間内のレートの予想をします。 それが、FX通貨ペアならば為替レートを予想することになりますので、FXとほぼ同じチャートを見ながらの取引になります。

相場そのものはFXと連動してますが、取引自体が60秒で完了したりするものもあり、超短期投資という性質が特徴です。 バイナリーオプションにレバレッジはありませんが、100円からの投資が可能の業者もあり、投資金額が少ないという点と、超短期で取引が完了する性質からファンダメンタルの効力が薄く、比較的投資知識が問われないとう点が特徴です。

よく、『FXのリスクヘッジにバイナリーオプションを』といのをインターネット等で見かけますが、バイナリーオプションにも取引の種類がいくつかありますので、その性質をよく理解する必要があります。
中長期でトレンドにあわせた投資をFXでおこなって、その間に短期でバイナリーオプションで投資をするという考え方だと思いますが、FXでの両建てでリスクヘッジするという考え方もありますので、ご自身にあった投資法をご検討下さい。

FXとバイナリーオプションの決定的な違いは、損失が限定的であるかどうかです。

FXに関しては上記で述べたとおり、証券会社に預けた資金以上の損失が出る可能性がありますが、バイナリーオプションでは投資金額以上の損失はありません。
この点が、バイナリーオプションの最大の魅力でしょう。 取引を開始する時点で、損失を把握できていますので、難解なリスク管理は必要ありません。

※バイナリーオプションの取引の仕方やルールに関しては、内容が重複しますので、【ルール】の項をご参照下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

実際に試した、バイナリーオプション業者収益ランキング!(毎日更新)

Highlow Australia(ハイローオーストラリア)
総合:4.8
収益
1,733,760

オーストラリア金融サービス免許(AFSL364264)を取得業者!初回入金金額5,000円から始めることができます。銀行出金翌日着金!クレジット出金にも対応!出金時に面倒な身分証明書の再提出なし!

こちらのサイトでは、『turboスプレッド』という取引があります。ただのBOにちょっとゲーム性が足されています。もともとは国内バイナリーオプション業者で行われていた人気の取引スタイルです。ペイアウト率は固定の2倍!! 勝率が悪くても2倍のペイアウト率が味方してくれます!

ワイバイナリー(yバイナリー,ybinary)
総合:4.6
ybinary
収益
448,950

特筆しておかなければならないのはペイアウト5倍のマックストレード。5倍です!

投資意欲が駆り立てられます。バイナリーオプションするなら稼げるサイト選びを!
ワイバイナリーでリッチなキャッシュを手にしましょう!もう1.7倍、2.0倍のトレードには戻れません。

NYダウ指数・金・株式といった、為替以外のオプション取引も100種類以上取り扱っていますので24時間退屈することなく稼ぐことができます。取引画面上にローソク足などのテクニカルチャート類の表示も可能になっており、利益を追求する上では完璧な仕様でしょう。この辺りのシステムの仕様は他のバイナリーオプションサイトをはるかに圧倒しています。

電話・チャット・メールと完全日本語サポート対応です

BI-OP(バイオプ)
総合:4.8
収益
387,650

60セカンドでのペイアウト率1.9倍!私が知る限り業界随一!

入金金額に応じて最高で100%プラスになるボーナス等やってますで、お得な時期に口座を作ることをお薦めします。500円からの取引可能ですので、少額で投資をスタートさせてみたい方や、バイナリーオプションをとりあえず、一回やってみたいと思ってる方には敷居が低く設定されてます。

お薦めするのは、ビギナーの方だけではありません。FX為替チャートが見れます。見れるだけではありません!『1分足』・『5分足』・『10分足』ローソク足を選べます。その上、ハイロー60秒取引できます!『2分』・『3分』のと取引期間を選ぶことができますので、あなたに合った取引期間を見つけてることができます。

sonicoption(ソニックオプション)
総合:4.4
sonicoption
収益
290,000

sonicoption(ソニックオプション)は次世代バイナリーオプションとしてペイアウト率向上、プラットフォーム改善、サービス面向上を実現を目指しています。新たにアジアへと進出する際に新プラットフォームの取引画面をリニューアルした最先端のバイナリーオプション業者です。高いペイアウト率の海外業者をお探しの方にお勧めです。
ローソク足が取引画面上で使えるのでローソク足を使った攻略法が使えます!

トレード200(trade200)
総合:4.8
trade200_2
収益
269,000

トレード200(trade200)は7通りの通貨ペアの取引きが可能!
『RETURN200』取引で驚異のペイアウト率200%のバイナリーオプションを実現!60セカンドでもどの通貨ペアを選んでもペイアウト率が1.74倍以上に設定!2015年今春にデビュー以来BOトレーダーから熱い注目を集めてる話題のBOサイトです!
スマホから直感的操作がしやすい仕様になっているのも人気を集めてる理由の一つです。

クレジットカードはもちろん、トレード200ではVISA、MASTERCARDのロゴの入ったデビットカード、プリペイドカードが利用可能。
取引ができる時間帯は日本時間だと月曜日AM8時 ~ 土曜日AM4時まで取引可能。
最低取引金額は200円からとなっているので、初心者の方でも少額からバイナリーオプションを楽しむことができます。

Option Bit(オプションビット)
総合:4.4
収益
9,000

『バイナリーオプションって何?』って方、必見です。オプションビットでは、【無料研修ビデオ】という様々な種類のビデオが用意されていて、このビデオでバイナリーオプションの取引に必要な全てを学びことができます。

iphone/android アプリも用意されてて、トレーディング環境は揃っています。口座開設でわからないこと等は、ライブチャットを使って質問することもできます。